白内障の手術についてのいろいろなこと

白内障の手術前検査は下のようなものがあります。

● 視力検査 視力を測定します。
● 眼圧検査 眼圧(眼の硬さ)を測定します。
● 眼軸長検査 眼の長さを測定します。眼内レンズの度数を決める為の重要な検査です。
●白内障の手術についてのいろいろなこと
血液検査 糖尿病や感染症などがないか調べます。
● トポグラフイー 角膜の形状を調べます。
などがあるようです。


白内障の手術にかかる時間は、10〜20分ほどで終わるのですが、重い症状の人の場合は、1時間くらいかかる場合があるようです。


眼科に訪れる方は、白内障手術と聞いて結構大きく考えがちですが、
最近は、時間的にも早く終わるので、日帰りができるくらいです。
昔は、治療に対して、肉体的苦痛もあったので種が、現在は、点眼麻酔で痛みもほとんどないようです。





| 治療

白内障の治療について 手術について

白内障の治療について(手術)


このサイトで、白内障のことについて、説明してきました。
白内障の治療を説明する前に、一応、まとめると、

カメラのレンズにあたるところを水晶体といいます。
このレンズにあたる、水晶体が、いろいろな理由により、白濁(にごる)状態を白内障といいます。

症状は、視力の低下や、ものがまぶしく見える(グレア)になります。
白内障の原因は、ほとんどが、老化現象でなる老人性白内障によります。(アレルギー性もほんのわずかですがあります)



この白内障ですが、残念なことに、一度、なってしまうと、手術しか治療する方法はありません。
薬もありますが、薬は、病気の進行を抑えるためのものとしての意味で使われることがあるようです。




◇手術について現在では、日帰り白内障手術も

可能となっていて、主流となっている手術方法は、傷口の小さな超音波乳化吸引術という方法で、手術をしているようです。

白内障手術は水晶体の濁りを取り除く方法です。
人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。今のような治療法になる前は、眼内レンズを挿入しなかったため、術後に分厚い眼鏡やコンタクトレンズを使わなければいけなかったようです。
眼内レンズは特に大きな合併症が起こらない限りは半永久的に使用できます。


| 治療

アトピー性白内障の症状の説明

アトピー性白内障の場合の症状



アトピー性白内障に対しては、視野の真ん中部分から白濁が始まる(水晶体の中で角膜から一番遠い部分から発病する) 場合が多いと思われている。

続きを読む
| 症状

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。